生成メディア時代の芸術作品

物質(アトム)と情報(ビット)が一体化し、それらを自律的に生成する、ポスト=デジタルメディアとしてのバイオメディアを用いた芸術を探求する。バイオメディアの操作やそのアルゴリズミックな構成、ネットワークへの接続などを通じて、遺伝子や環境というプログラムに呼応して常に生成変化し続ける造形や、生体とコンピュータのハイブリッド、人工細胞や異種間コミュニケーションの可能性を探求する。

biocam

[iBioart twitter]

[iBioart pachube]

多摩美術大学 情報芸術コース 久保田晃弘

Leave Comment