hackerspace@tamabi
FREEDOM, WILL, AND HACK – FabLab (beta)
CupCakeCNC ABS樹脂が出なくなる時
Categories: Fabrication Tool

多摩美HackerSpaceでも使っているCupCakeCNCですが、

最初は調子よく出たけど途中からABS樹脂が出なくなる。
なんて事がよくあります。

バレルの温度の調子が悪いのかなと思ってG-Codeで設定温度を変えてみたり、Skeinforgeの初期設定温度をいじってみたりと試みるも、うまくいかない事があるかと思います。(環境によって変わるのだと思うのですが)

その度樹脂を入れ直したり、押出プーリー(Extruderプーリー)を調整したりと手間が掛かってしまいます。

改善策を得るべくWEBで情報を検索していると

rerofumiさんの電子工作メモ

表題の様な悩みを改善する策がありました。

それは、

セラミックテープを外す!

でした。

こんな感じです。

rerofumiさんの仮説によると実際にはセラミックテープを巻き付けないと放熱しやすく温度が上がりにくくなるのだが、その分頻繁にヒーターをONにするためサーミスタのあるノズル部分だけでなく、上部の方も高温に維持される。はず?

との事でしたが、私たちのCupCakeCNCもセラミックテープを外す事で調子が良くなったので、かなり有力な情報だと思います。

樹脂が出なくて困っている方がいたら一度試してみるのも良いかもしれません。



Leave a Reply